薬を飲むときの注意点|眠れないならアモバン・ジェネリック!よく効く睡眠薬の紹介

眠れないならアモバン・ジェネリック!よく効く睡眠薬の紹介

手の上にある三色の薬

薬を飲むときの注意点

アモバン・ジェネリックは、ゾピクロンという有効成分が脳を覚醒状態から睡眠状態へと切り替えるための機能を補助する役割をする成分です。そもそも人が入眠障害になってしまうのは覚醒から睡眠へと脳が切り替わる機能が何らかの原因で減退してしまっていることにあります。アモバン・ジェネリックの主成分であるゾピクロンは、それに対して効力を持つ成分なのです。強制的に脳の働きをシャットアウトさせるとか、気絶するみたいに眠りに入るとか、そのような激しい睡眠導入を行う薬ではなく、自然な入眠に限りなく近い感じで気持ちよく眠りにつくことができます。
しかし逆に、自然な眠りに限りなく近い眠りを与えてくれる薬であるということで、カフェインが薬の働きを妨げてしまうということがあるようです。
夜、寝る前に熱々のブラックコーヒーをマグカップいっぱいに飲むと目が冴えて遅くまで眠れない、ということになってしまうと思います。カフェインには脳をよりはっきりと覚醒させる効果があるので、「眠ってはいけない」という状況ではそれもそれなりの効果を発揮するのですが、入眠障害で悩んでいるというときにはもちろん逆効果。アモバン・ジェネリックを飲んで入眠障害を解消しようというときも、カフェインは摂取すべきではない成分ということになります。
というわけで、アモバン・ジェネリックを飲んで寝つきをよくしたい場合には夜、コーヒーや緑茶などカフェインを含むものを飲むのはやめましょう。水やミルクなどで喉を潤し、アモバン・ジェネリックを飲んでからふとんに入る……これで、安眠ができるのです。