超短時間型の薬|眠れないならアモバン・ジェネリック!よく効く睡眠薬の紹介

眠れないならアモバン・ジェネリック!よく効く睡眠薬の紹介

積み上げられた錠剤

超短時間型の薬

睡眠導入剤……と一口にいっても、実はその種類はさまざまです。この薬はタイプごとに分かれており、睡眠障害(不眠症)の種類に合わせて使い分ける必要があります。病院に行き、どういう「眠りの悩み」を持っているのか正確に伝えて、そのうえで処方してもらう必要があります。
タイプの違う睡眠導入剤を処方されると、確かに眠りの質は改善されるものの悩みをダイレクトに解消してくれない、ということにもなりかねないのです。

アモバン・ジェネリックは、「超短時間型」の睡眠導入剤として処方されています。
「超短時間型」という名前だけを聞くと、「超短時間しか効き目が続かない薬か?」と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。
ここでいう「超短時間」というのは、効き目の長さのことではなく、効き目が現れるまでの時間の長さを意味します。つまり、アモバン・ジェネリックは、飲んでから超短時間で効果があらわれる、という薬なのです。
まさしく、なかなか寝付くことができない入眠障害に対して効果的な薬といえるのです。
アモバン・ジェネリックは実際、服用後30分ほどで効き目が出て、1時間もすればスヤスヤ眠りに入っている、という感じでスムーズに眠ることができます。
1時間を過ぎると効果は低下しますが、いったん眠りに入ってしまえばあとは自然に睡眠状態が続くので、朝までしっかり眠りの時間を過ごすことができます。6時間、じわじわと効き続けるので、たとえば午前1時あたりに飲んで寝れば7〜8時にはしっかり目覚めることができます。